Hatake-to-tanbokankyo Saiseikai

「尾山通信」

2007年度のお米作りの経過を「尾山通信」の形で随時報告します ので、どうぞお楽しみにお読みください。作業日誌のつもりでまとめました。 年間作業の反省会の資料に活かせれば、幸いです。(細田 理)

*「尾山通信」vol.1

2月25日(日) 種籾の塩水選

暖冬とはいえ北風の吹きつける中、お米作りのスタート工程である「塩水選」を、新戸チームと合同で行いました。初めての体験ということで、期待と不安の入り混じった複雑な心境で参加しました。新戸はコシヒカリ約6kg、尾山はさとじまん約6kg。薬缶で持ってきた熱湯で食塩を溶かし、規定の比重1.13を狙う作業でしたが、食塩が沈殿して、狙いの比重がなかなか確保出来ません。

用意した2kgすべてを投入しても1.13にはならないので、諦めて成り行きに任せ、適当な比重で選別することにしました。「水選別」の農家もあることですし、今年はアバウトでやり過ごすという選択です。それでも沈殿籾が60%確保できたので、これで作付けに必要な量は確保できたことになります。

最初にコシヒカリを選別し、さとじまんに切り替えるとき、最後に残った籾の中に玄米がかなり混じっていたのでびっくり。竹の棒でかき混ぜただけで、籾が破壊されたのか、保管中に玄米化したのか疑問が残ります。「さとじまん」には、玄米化現象は発生しませんでした。

選別した種籾約4kgは用意した「土嚢袋」で持ち帰り、これから約一ヶ月間の侵種工程に入ります。侵種の前後に「籾消毒」が一般的ですが、農薬に代って温湯消毒や穀物酢も広く利用されてます。温湯消毒は「60℃〜10分」や浸漬開始から40分以内など条件が厳しく、初心者には難しい作業です。穀物酢は4.2%もので、初回15倍、2回目30倍に薄めそれぞれ24時間浸漬します。浸種は発芽抑制酵素アブシジンの溶出が目的であり、10℃以下で酸素の多く含まれる流水が適します。便宜的には、熱帯魚用の泡発生器で酸素を供給すれば所期の目的は果たせます。

*「尾山通信」vol.2

3月12日(月)耕起&代掻き相談

愛川町農協へ田んぼ整備について初めて相談に行ってきました。
田んぼ開発2年目として、均平不良が目立ち、水溜りと排水不良も見られるので、先ずはプロの手で整備することが大切です。 一本松交差点近くの農協事務所。別棟の「農業指導課」で受託作業の申し込みや田んぼの状態について相談しました。初年度はトラクターが沈んでしまうなど課題もあり、農協受託は耕起工程のみになりました。費用は一枚、一反当たり8400円。3月中に申し込み、4月中に作業完了予定。 また、パートナーの田島さんが15日以降時間が取れるので、トラクターが入れるように排水対策工事を実施する予定です。

*尾山通信 vol.3

3月30日(金) 耕起依頼締め切り

田島さんが愛川町農協へ受託作業申し込み書を提出してくれました。 申込書に田んぼ地番の記入が求められており、調査に苦労しました。地主の千葉さんに電話連絡がつかず、法務局やネットでの検索などあらゆる手立てを尽くして、何とか最終日に間に合いました。

代掻きは、手作業とかご車輪による小型テーラーのいずれかで、地元農家と相談しながら進める予定です。

種籾の芽だし処理。30倍に薄めた穀物酢溶液に24時間浸漬した種籾を、お風呂の残り湯を利用して「はと胸」様に膨らませます。32℃に調温し、どっぷり侵します。ときどき掬ってみて籾の変化を観察し、発芽籾がちらほら見れるようになったら冷水に浸し陰干しします。今回は時間が無かったので、洗濯機の脱水機能を活用して短時間で表面付着水を降り飛ばし、すぐに播種可能に。

*「尾山通信」vol.4

4月1日(金) 畑苗代と種まき

田島さんの予定が午前中だけなので、2人でやる作業は12時までに済ませるように段取りを立てます。ポイントは、種籾の播き溝付けです。

午後はシート調達に、グリーンショップ、ドイト、愛川町農協へ。 幅150cm、長さ50m不織布寒冷紗。価格2800円。 苗代面積20mx1m=20平方米、種籾約4000g、播き密度40g/箱。 溝当たり播種量=4000g/200=20g(700粒)。

200本の播き溝に両側から均等に手播きしました。しゃがんだ姿勢で連続100分、腰が疲れます。

次は覆土です。前日の夜間に雨が予想されたので、あらかじめ覆土用に肥料袋4枚分確保しておいたもの。種まきと同じように均一に土をかけて上を押さえます。

次に寒冷紗掛けです。4辺にしっかり溝を付け苗床に寒冷紗を乗せスタート点に余裕を持たせ埋め込みます。左右のバランスを見ながら、ロールを転がしべたがけし、左右埋め戻しながら、数回に分けて20mに被覆作業完了。

べたがけ作業は、夕方5時ごろ雨が降りだしたので、翌日早朝行いました。 また、この日に尾山田での掘りさらい日程の連絡があり、29日(日)予定。

*尾山通信 vol.5

4月6日(金) 排水処理

トラクター作業に必要な排水、乾燥状態になっていないことがわかり、急遽下流の畦を壊し、池側からの水の流入をストップした。田島さんはしばらく仕事から手が離せないので、細田一人の作業になった。畦を壊しても、均平不良地帯に溜まった水は抜けないので、さらに工夫が必要と思われます。

*尾山通信 vol.6

4月9日(月) 続排水処理

南側に排水溝15m、南北方向に枝溝7mx4本。一人作業。2時間。 午後、青葉祭り出店販売用イネ苗、2箱播種。33日育苗。成苗4000本。

*尾山通信 vol.7

4月11日(水) 発芽しました。

9日に目を皿のようにして観察しても、まだ発芽は発見できないまま 昨日は一日ほったらかしで今日午前中に、発芽確認しました。

種まきからちょうど10日目。低温発芽で、地上部に比べて根の多い丈夫な 苗に仕上げるつもりです。昨年の鳥害経験を生かした防鳥ネットの活用や 雨の多い今年の天候が幸いして、昨年以上の強力苗に生長することを期待しています。

良苗が12万本採れるので、20a新規作付けの増加にも応えられます。余裕があります。 余る10万本の活用法考えましょう!!

*尾山通信 vol.8

4月12日(木)晴れ はさ掛け資材整理

イネの乾燥に利用した竹材料が田んぼの一角に保管してあり、 愛川町農協に委託した耕てん作業に支障があるため、別の 場所に保管しなおしました。隣接田との間の畦の両側に杭を 建て、その間に積み上げ保管しました。竹の重みでくいが倒 れる懸念があるので、杭同士を紐で相互に縛り、安定化を 図ってます。 また、昨夜の雨で溝は満水状態で、田面もぬかるんで トラクター作業が可能か懸念が残ります。周りの田んぼは 既に荒起こしの済んだところもあり、雑草の生え具合や 乾き具合など管理レベルでさまざまです。

*尾山通信 vol.9

4月17日(火) くもり  苗代にスズメの襲撃!!

昨日までは順調に発芽が進んでいましたが、今日午前に見回ったところ 寒冷紗の上にスズメの一群がたむろしていました。今までに目撃したこと のない光景だったので、いぶかりながら近づいてみると寒冷紗の上に 発芽したての短いイネが無造作に散乱しています。籾殻も散乱し寒冷紗 にはところどころ穴が開いてます。今朝からのほんの数時間仕業です。

直ちに対策が必要なので田島さんと連絡を取り、取り敢えず寒冷紗の残り をトンネル状に掛ける応急対策で切り抜けることになりました。田島さんの 時間的都合が付かないので一人で作業しましたが、畝幅1mで強い風の 中では難儀な作業になりました。手持ちのトンネル用支柱とプラスチック 製クリップで何とか形になりましたが、地際の隙間からスズメが潜り込ま ないか心配です。自然環境の農地では予期せぬ事態が起こるので、常に 観察が欠かせません。

*尾山通信 vol.10

4月18日(水) あめ 防鳥効果テキメン!

午前9時ごろ見廻ったところ、スズメの姿は見えず一安心。 このまま後4〜5日様子を見て、本葉の出る頃に内側のシートを剥がし、 トンネルだけで防鳥と保温効果を期待します。 ここのところ一週間ほど低温が続いてるので、苗の生長遅れが心配です。

*尾山通信 vol.11

4月23日(月) くもり 19℃ べたがけ被覆除去

強風の中で昨日、べたがけ寒冷紗を剥がしてみると、見事にそろって発芽 してました。覆土の厚さばらつきのためか、既に第一葉が展開してるもの やまだ不完全葉のままのものもあり、一様ではありません。一葉の展開高 さはおよそ2cm程度と低く、目標の3cm以下に収まりそうです。 畑苗代の前作は秋じゃがだったので、収穫残りから発芽して大きく葉が展開 し、イネの生育に支障があるので除去しました。10cmもの深さから発芽し ているので、途中から切れてしまうものもあり、今後の再発芽が気がかりです。 既に雑草の発芽も見られたので、1〜2回の除草が必要のようです。 映像を記録してレポートに添付し、よりリアルな臨場感をお届けしようと使い 捨てカメラ調達にショップ99へ。残念!品切れ!画像はありません(泣) 田島さんが携帯電話の機種変更で、カメラつきに更新してシリーズで画像 が提供できる見通しです。それまでお待ちください。 午後は昨秋から懸案だった「銀杏調整」で相模川へ。3時間の作業でおよそ 5kgの収穫。新戸畑での草取り1時間。そして投票所へ。

*尾山通信 vol.12

4月24日(火) くもり 16℃ またもスズメが!

畑苗代でトンネルの裾周りに2センチの苗が散乱。寒冷紗と地面の僅かな 隙間から侵入して食害しています。油断もスキもありません。 寒冷紗の裾を埋め込むほど寸法に余裕はないので、隙間から内部が見え ないように土を盛り上げ、対策としました。果たして効果あるのやら!? 不織布寒冷紗トンネルを通して、一斉に緑化したイネが確認できます。

*尾山通信 vol.13

4月26日(木) はれ 22℃ またもスズメに!!

午前中、田名畑3畝にとうもろこしの追加種まき、帰りに青葉畑に立ち寄って みると苗床全面が食害されてます。寒冷紗の裾から侵入し、被害が拡大して います。さてどうする?寒冷紗は風が吹くと隙間ができ、そのとき侵入してい るようなので針金でU字型金具を作り、風の影響を防ぎます。ドイトで径3ミリ のアルミ線20mとラジオペンチ調達、25センチx50本切断、U字加工、寒冷 紗スキマ防止施行、土寄せ。観察から施行まで所要時間90分。午後は外出 の予定があったので、時間との勝負でした。資材購入費2300円なり。

*尾山通信 vol.14

4月30日(月) はれ 26℃ 新開発田の雑草刈払い

連休前半の最終日。昨日の掘りさらいを契機に、2007お米作りは新展開の 局面です。5畝田は耕転作業を愛川農協に委託してますが、約束の期限の 今日もまだ実行されてません。新田の耕転と代掻きが追加され、田島方式 での人力依存式で乗り切れるかが大きな懸念です。ひそかに期待していた Aさんは都合により当てにならなく、見通し真っ暗です。 足立原さんの好意によるテスト耕転の成功に期待するばかり・・・・。

11時に実習畑で待ち合わせ、今日は刈払い機の運搬係りです。11時半に 現地到着。午後1時までビニールワイヤー方式で約120平方米、その後刃物 を円盤に替えて2時までに残り150平方米完了しました。尾山耕地で生きもの調査で有名な大木さんと出会いしばらく情報交換し、田島さんは午後の勤務 に向かい現地で解散しました。 育苗中のイネはその後スズメの食害は確認できませんが、寒冷紗の穴が大きくなってるので、出入りしている可能性もあり対策が必要かも。育苗ステージは 第2葉が展開中で、5月5日ごろ大3葉の展開開始が期待出来そうです。 なお、イベント販売用も2葉展開中で、同一ステージになってきました。

Copyright (C)Hatake-to-tanbokankyo Saiseikai . All rights reserved.

イベント

トピックス