Hatake-to-tanbokankyo Saiseikai

*「田んぼから日本を再生する不耕起栽培」を読んで

先日、近くの書店で手にした雑誌に、あと二週間ばかりに迫ったNPO畑と田んぼ環境再生会の設立一周年記念講演会にお招きすることになっている日本不耕起学会会長の岩澤信夫氏の書かれた文章が載っていた。ほかにも興味深い記事が掲載されてあったので、これを買うことにした。

岩澤信夫氏によれば、冬期湛水は全国展開してから5年、不耕起移植栽培も20年しか経過していない。そのために科学的な証明のほうが追いつかない。ただ、この方法により、繰り返し着実な結果が出ているという事実は歴然としている。つまり、自然の知恵のおおいさにたいし、人間の知りうるところはあまりにも限定されているということだろう。 そして、自然の知恵のほうを信じる人こそが、いまだ普及せず、商業ベースにものらない事業にいそしむことができる。フロンティア精神といってよいのかどうかわからない。もっと敬虔な、宗教心に近いものがあるのかもしれない。岩澤信夫氏もそうした方だと思われ、「農業は活字や言葉に言い表せないところが多々ある。所謂、職人芸のような所がある」と述懐されている。(『月刊日本』3月号「よみがえれ瑞穂の国25 田んぼから日本を再生する不耕起栽培」より)これは、全国どこでも誰がやっても、冬期湛水と不耕起栽培を組み合わせる農法によって、すばらしい成果をだせる「再現性」のこと指している。

ところで、今起きていることがどれくらい大きなことなのかは、もし、これが日本の農業の常識を超えて標準として認識されるようになれば、生き物を含む里山の環境を蘇生させ、安全な食を国内で確保することも可能になるということから考えればすぐ理解できよう。それだけ重大な発見であるにもかかわらず、全国の農業振興センター(農民の唯一の指導機関)はこの技術の真価を認識していない。農水省でも事情は同じ。農水省外郭団体の就農準備校運営協議会には、自然耕塾が登録してあるが、各大学や自治体のカリキュラムを見ると、100校中98校が、化学肥料と農薬を前提としたものとなっているということだ。

先述の自然耕塾の一環として、十年後には大人になっているはずの小学校五年生に向けての体験学習を毎年行っているそうだが、「大地に根ざし、大地の生命を食さなければ生きられない人間の本質を、些かでも学び取ってもらいたいものである」とつくづく語る岩澤氏が、彼らにいちばん学んでもらいたいのは、「水田の生きもの調査」であるという。岩澤氏は見る。絶滅危惧種の大半が水田を取り巻く里山にいる。 基盤整備による水田の畑地化。それが生きものの減らす最大の原因になっていると見なしながらも、岩澤氏は、畑地化ばかりが悪いのではなく、「水田の維持手法と生きものに対する農民の認識の甘さが原因である」とする。

その解決策に、「水田本来の姿」に戻すことを挙げる。水田はもともと、生命が充溢していた。それを知るには、つぎのようなやり方で田んぼに生息するカエルの種類や数を調べればよいという。子どもたちはこんなやり方で田んぼの本来持つ生態系の豊かさを肌で感じてゆく。畦道の草を踏み鳴らしながら歩く者。たちまち何匹ものカエルが飛び出してくる。そこで、カウンターをカチカチいわせ数える者。 「東京ダルマ何匹」「ニホンアカガエル何匹」「アマガエル何匹」と報告する声が田んぼに響く。冬期湛水を行った不耕起水田には、想像を超える多数のカエルが息づいていたと報告されている。

「目はらんらんと輝き、純粋な子どもの目つきに返る。何組にも分かれて方々に分散した子どもたちの歓声は、水田に吹くそよ風となってこだまする」(前掲誌より抜粋)

あの田んぼ独特のあたたかい空気感や色彩の鮮やかさが伝わってきた。 ここに失われてはならない日本の将来の可能性の芽があると思った。

Copyright (C)Hatake-to-tanbokankyo Saiseikai . All rights reserved.

イベント

トピックス